重要なお知らせエリアを非表示

kalappo(カラッポ) / 日常に余白が生まれる、おしゃれなファブリックパネル

日々の生活に余白を カラッポの時間をつくるアートピース

about kalappoについて

Kalappoは、前川 沙祐莉によるテキスタイルブランドです。

ブランド名のkalappoは、そのまま「空っぽ」という意味で名付けました。情報過多の現代で、忙しい毎日に少しだけ空っぽの時間を作ること、それが私の願いです。空っぽの時間は、今ある幸せに目を向けられる、大切な時間だと思っています。オリジナルのテキスタイルを通して、生活の中にある空白の時間をデザインしていきます。

value 大切にしていること

  • 01

    自分の手で描き、
    つくること

    hand drawing, and hand made
    デザインの元となる原画は全て、自ら筆と絵の具を使って手作業で描いています。それは、手で描くことによって現れる自然な歪みや揺らぎが、ゆったりとした時間の流れを感じて頂くのにふさわしいと考えているからです。原画の他にも、製版、色作り、プリント、組み立て、梱包など、全ての工程を出来る限り自分の手で行っています。人の手を介して生まれた作品には、手料理のように心が満たされる安心感があります。実際に手にとったとき、大量生産品とは違った温かみを感じて頂ければ幸いです。
  • 02

    純粋に、
    色と形を楽しむこと

    Enjoy the colors and shapes
    ものを選ぶ時、皆さんは何を基準に選びますか。私は、直感的に「いいな!」と思えるものが作りたくて、このブランドをつくりました。そのために、色はパワーのある色を使い、それぞれ配色計画に拘って、見ていて気持ちのいいバランスを心がけています。描くモチーフもあえて完全には描かず、見る人によって想像が膨らむような形であったり、形として綺麗であることを意識しています。感性に訴えかける色と形が、「なぜか分からないけど、惹かれる。」そんな体験に繋がれば嬉しいです。
  • 03

    一つ一つ手作業で
    プリントすること

    Printing one by one by hand
    商品はシルクスクリーンプリントという技法を用いて製作しています。シルクスクリーンプリントとは、メッシュ状の版にインクが通る穴(孔)と、通らない部分とを作ることで製版し、印刷する技法です。元々は大量生産を目的として生まれた技法ですが、インクジェットプリントなどの機械生産が主流となった今、私はこの技法をむしろプリミティブで工芸的なものとして捉えています。手作業でプリントすることで、同じデザインであっても微妙な表情の違いが生まれ、それぞれが世界にひとつだけの、特別なアートピースになります。

New Item お部屋を彩るランプシェードが出来ました!

ピックアップ1を非表示
ピックアップ2を非表示

Kalappoオリジナルのテキスタイル、『Tuuli』をランプシェードに仕立てました! 春風をイメージした躍動感あるパターンと鮮やかな色味が、空間をパッと明るく照らしてくれます。 個人のお宅にはもちろんのこと、カフェやホテルなど、店舗でのご使用もお勧めです。 同色で3つ以上お求めの方は、Contactよりご連絡ください。

Products商品一覧

Blogブログ